リフォーム・リノベーション・住宅のお悩みなどリフォーム専門店のタカラリフォームへお任せください!

TakaraReform
>
リフォームの実例
>
水廻りリフォーム
>
トイレ・浴室改修Ⅲ

 

トイレ・浴室改修Ⅲ

 

【トイレ】 

  <<施工前>>              <<施工後>>             

 

 トイレの出入り口。幅が狭く、出入りするのに

非常に不便でした。照明も付いていないため

廊下も暗い状態です。

出入り口をドアから片引き戸に変更。幅も広くして

使いやすくなりました。廊下には照明を取り付けて

暗さを改善しています。 

 

 

 

<<施工前>>              <<施工後>>  

 

 

1畳ほどのスペースに小便器と和便器が

設置してあり、ポータブル便座を

使用されていました。

汲み取りのため、お掃除も大変。

トイレは水洗の洋式便器に変更し、

洗面所側にもトイレの出入り口を設けました。

トイレ時の介助が前からだけでなく、横からもできる

ようになり、使いやすさが大幅に改善されました。

 

【浴室】 

  <<施工前>>              <<施工後>>             

 

本間の在来浴室。モザイクタイルの床は滑りやすく、

冬には寒く冷たい状態でした。

また、入口には 85mmの段差があり

危険でした。

 システムバスに入替を行いました。

滑りにくく冷えにくい床、保温性の高い浴槽、

浴室暖房機も完備。寒い冬でも暖かい浴室でお風呂を

楽しめます。片引き戸にすることで床の段差も解消。

介護も行いやすいお風呂に生まれ変わりました!

脱衣室の広さを保ったままトイレ側の広さも

確保しています。

 

 

 

 

担当者より

 

 将来、ご家族がが少しでも介護しやすいよう高齢になるご両親も快適に使える設備と動線を考えた間取りを

プランニング。ご家族皆様が安心して過ごせることをコンセプトにしました。

お風呂が本間だったためぴったりサイズの大きいお風呂もご提案できたのですが、あえて規格の1坪サイズにすることで

余ったスペースを活用してトイレを広げ、出入口を2つ設けることで将来介護を行いやすい間取りにしました。

更に建具は全て引き戸を採用し、段差も解消。転倒防止を兼ねた介助しやすい設計を心掛けました。

                                               担当:日下